より深いチェリー材の知識を覚える

無垢材はデリケート

新築を建てる際、またはリフォームする際にチェリー材のキッチンをオーダーしようと検討している人がいるかと思います。
さまざまな特徴があるので、それを確認した上でオーダーすると、「使ってみて後悔した」などということはなくなるでしょう。
チェリー材は無垢材に分類されます。その無垢材の中でも個性的な特徴を持っています。
その最大の特徴というのが経年変化です。購入時は薄ピンクに近い白っぽい茶色をしていますが、時が経つに連れて焦げ茶色へと変化します。
古風でオシャレな感じを演出する上、成長記録を見ているようなおもしろみもあります。
産地は主に北アメリカで、質と幹の良さに定評のある樹木です。
これを素材にすると艶があり高級感のあるキッチンが完成します。
チェリーは高級家具の部類に入りますが、価格は他の高級家具に比べて低めに設定されています。これは人によって好みがあるため、需要と供給のバランスが取れていることが要因とされます。
見た目が良い上に価格が他のに比べると高くないので、色合いの変化が好きだという人にとっては大変好都合かと思います。
お手入れは常に行いましょう。無垢材は少々デリケートなため汚れを放っておくと痛んでしまいます。チェリーは油と水に弱いのでこぼしたらすぐに拭きましょう。

キッチンのチェリー材フローリング

キッチンをリフォームする際、チェリー材でフローリングを検討している人がいるかと思います。
高級木材のチェリーをキッチン床にするなんて贅沢な感じがあって良いと思います。
気分も変わって、料理も一段と楽しくなるでしょう。
それでは、チェリー材の特徴とフローリングの際のメリットを紹介したいと思います。
チェリーは北アメリカ原産の広葉樹です。木質が良くきれいな幹であるため、香りを堪能したり、心地よい肌触りを体感することができます。
チェリーの最大の特徴は経年変化です。買い立ての時は薄ピンク色をしていますが、次第に焦げ茶色へと変化します。独特の深みを味わえるかと思います。
チェリー材に限った話ではないですが、無垢材自体キッチンのフローリングに適しています。
合板のフローリングは湿気に弱いため、水回りのキッチン床に備えてると10年くらいで痛んできます。一方、無垢材の場合は期間制限なく使うことができます。自然木材特有の調湿機能を備えているため、湿気に耐えることはお茶の子さいさいです。
しかし、チェリーは油に対しては強くないので注意しましょう。フライドポテトなんかを揚げる際には油が飛び跳ねます。調理後のお掃除も忘れずに行いましょう。

更新情報

2017年08月23日
より深いチェリー材の知識を覚えるを更新しました。
2017年08月23日
やすらぎをくれる木製キッチンを更新しました。
2017年08月23日
チェリー材の一般的な扱い方を更新しました。
2017年08月23日
優れた建材としての実力を更新しました。

おすすめ記事

より深いチェリー材の知識を覚える

無垢材はデリケート 新築を建てる際、またはリフォームする際にチェリー材のキッチンをオーダーしようと検討している人がいる…

もっと読む

やすらぎをくれる木製キッチン

バランスの取れた木材 木材の事をよく知っている言う人は少ないと思いますが、ソリウッドではウオールナット材とチェリー木材…

もっと読む

チェリー材の一般的な扱い方

大切なメンテナンス 新築を建てる際にキッチンの素材をチェリーにしようと考えている人がいるかと思います。 チェリーは特…

もっと読む

優れた建材としての実力

木と緑の温もりに囲まれた生活 キッチンのリフォームを考えていたり、新居を構える時に一番悩む点はその素材だと思います。女…

もっと読む

Copyright(C)2017 素敵なチェリー材キッチンの魅力を紹介 All Rights Reserved.